blog index

発毛・育毛を実現したい方をご支援するサイト ~生髪

はげ(禿げ)・薄毛に悩んでおり、お金をできるだけ掛けず本気で育毛・発毛を実現したい方のみ、本サイトへお立ち寄りください。
<< 発毛の王道4 - 運動 | main | 基本メニュー >>
発毛の王道5 - 育毛剤・発毛剤
0
    育毛剤・発毛剤、世間には安価な物から高価な物まで、実に様々な商品が存在しています。もちろん、実際に世界で効果が認められている商品、逆に全く効果が無いにも関わらず価格だけが高価な商品、いろいろあります。
    前述の通り、「これを使えば必ず髪が生えてくる」 という育毛剤・発毛剤は現在この世には存在しません。
    しかしながら、自分の体質に合った商品を採用すればそれなりの効果は見込めます。
    育毛剤・発毛剤の選び方のポイントを教えます。
    ・ オーバートークに惑わされず、しっかりとした理論 及び 効果実績のある商品を選ぶこと
    ・ 効果実績や商品仕様を参考に、自分の体質に合った商品を選ぶこと
    ・ 大金を叩かない事。 (高ければ高いほど効果があるわけではない。)
    ・ 日本市場だけに捉われないこと

    皆さんに 「この発毛剤を使えば絶対に効果がありますよ!」 と断言できないことが非常に残念ですが、これが現実であることをよく理解してください。逆に 「これを使えば絶対に生えてくる」 のようなオーバートークで宣伝されている商品は実に怪しい代物だと思っていただいて構わないと思います。
    このような商品は、オーバートークを謳うだけ謳っておいて、最後に小さく 「実際の効果には個人差があります」と必ず書いてあります・・・。 要は実績も無ければ絶対に髪を生やす自信も無く、顧客クレームが発生した際のリスクを事前回避しているだけなのです。

    前述の通り、誰にでも効果があり 使用するだけで髪がフサフサになる発毛剤は今の世の中には存在しません。では、全世界で発毛実績が一番高く 何年もの間 世界中の薄毛の方々に愛用されている発毛剤は何なのでしょうか?
    そうです。 多少 育毛の志がある方なら誰でもご存知でしょう、ミノキシジル系育毛剤であることは疑う余地がありません。
    一昔前、大正製薬より発売された「リアップ」は日本で唯一ミノキシジルを含む育毛剤として注目を浴びました。
    ですが、皆さんご存知でしょうか? この 「リアップ」にはたった1%しかミノキシジルは含まれて居ません。ミノキシジルは水溶液になり難い性質をもっているため、濃度の高い水溶液を作るのは非常に難しいようです。また、濃度が高いものが作れても結局は頭皮に浸透できないため、ミノキシジル系育毛剤の濃度はアルコールとのバランスを考慮しながら上げていく技術が必要だそうです。
    これに比べて、海外の育毛剤は 現在 5%以上の含有量を誇るミノキシジル系育毛剤が販売されています。価格も日本で市販されている育毛剤に比べると安価です。 つまり、安価高品質というわけです。
    この辺の技術はまだまだ海外の方が進んでいます。 しかし、残念ながらこの海外産ミノキシジル系育毛剤はまだ国内未承認医薬品であるため、日本では入手することができません。この場合、個人輸入代行業者を介して入手することが可能です。

    ミノキシジル系育毛剤
    代表的には、ロゲイン、ヘッドウェイ、カークランド 等があります。 ロゲインは、ミノキシジル系育毛剤の初の製品で、ブランド品として多少プレミアがついています。ヘッドウェイ、カークランド等は、ミノキシジルの特許が切れた後 他国他メーカーによって生産された商品です。
    中身は各々同じと考えてよいでしょう。 価格については、大量生産システムの効果もありカークランドが安いという実情があります。
    ミノキシジル系育毛剤の初心者であれば、まずはロゲインを試してみては如何でしょうか? ⇒取り扱い輸入代行業者
    ロゲインの公式HP : http://www.rogaine.com
    使用説明書の和訳 : http://www.j79.com/horus/direc/rogaine.html



    上記の通り、筆者は世界的実績、安価高品質を理由にミノキシジル系育毛剤を愛用しています。
    ミノキシジル系育毛剤は、アルコール(お酒)に弱い体質に特に効果が見込める、というレポートを見たことがあります。筆者はまさにその体質のため この育毛剤が体に合っているのかもしれません。

    さて、これら自分に合った育毛剤、発毛剤を手に入れたら早速使用をはじめてみましょう。
    タイミングとしては、夜 洗髪後 ドライヤーを掛けた後に1回、朝起きて髪をセットする前に1回、と1日合計2回行います。

    | 生髪 | 発毛の王道 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ikigami.com/trackback/9

    bolg index このページの先頭へ