blog index

発毛・育毛を実現したい方をご支援するサイト ~生髪

はげ(禿げ)・薄毛に悩んでおり、お金をできるだけ掛けず本気で育毛・発毛を実現したい方のみ、本サイトへお立ち寄りください。
<< エピソード4 - 発毛専門サロンBの会員になる | main | 発毛の王道2 - 洗髪 >>
発毛の王道1 - 食事・サプリメント
0
    畑で野菜、果物、穀物を栽培するにしても、これを育てるために肥えた土壌を用意することが最も重要です。
    当たり前の話ですが、土壌が肥えていないと 元気が無くひょろっとした小さな作物しか育ちません。
    こんなことはお百姓さんのみならず、私たちも当然のことながら知っている事実です。
    しかしながら、発毛もこの原理と全く同じであるにも関わらず大半の方はこれを見失っています。
    どんなに素晴らしい発毛剤を振り掛けても、実際に毛髪を生やす土台(頭皮)が髪を生やすに相応しい条件を揃えていないと生えてくるものも生えてきません。

    前述の通り、発毛を実現するために必要な要素は以下5つです。このうち 1 と 2 については普段の食生活で十分改善が可能です。
    1. 頭皮の血行を良くする
    2. 発毛に関係する栄養素を十分に摂取する

    3. 頭皮を常に清潔かつ健康な状態に保っておく
    4. 頭皮を柔らかくしておく
    5. 禿げ進攻要素(5αリダクターゼ)を抑える
    ←一部有効

    しかしながら、一世代前とは違い、現在の農作物は個単位の栄養素が半減していると言われています。これは、一昔前のように自然で肥えた土壌でお百姓さんの手間を掛けて作られた作物とは違い、手間を省いて効率的に収穫するため様々な化学肥料を用いた栽培方法に原因があると言われています。
    また、現代人の食生活も欧米文化の影響により変化しており、昔ほど普段の食事で豊富な栄養素を確保することは難しくなっているようです。

    現代サラリーマンにおいてはファーストフードやコンビニ弁当が多くなり、一日に口にする食品の量も激減しているのは明らかです。
    アメリカで実施された調査によると、必要なビタミンを食事だけで摂取できている人の割合はたった2%、必要なビタミンの8割を摂取できている人でも10%に満たなかったそうです。毎日バランスの取れた、正しい食事をしていれば、必要なビタミンは全て摂取できるだろうという考え方の実現は難しいようです。数多くあるビタミン/ミネラルは全てが必須であり、何か1つでも欠乏すると、すぐにトラブルを引き起こし、その状態が長引けば、生命の維持そのものが危うくなる場合さえあるのです。

    その問題を解決するのが「
    サプリメント」です。 サプリメント というと抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、(まがいものではなく)きちんと品質管理されたサプリメントであれば全く問題はありません。

    ここで小話を一つ。
    かの有名なサッカーの 中田英寿選手は世界レベルでも屈指の身体を保持していたそうです。どのクラブに移籍してもテクニカルドクターは、中田選手の身体のバランスの良さについて舌を巻くそうです。しかしながら、中田選手は全く野菜類を口に出来ないことは非常に有名な話です。もちろん、これはスポーツ選手にとって選手生命に関わる欠点なのですが、 栄養専門家の分析の元上手くサプリメントを服用することでこれを克服しているそうです。 日本はまだまだこのサプリメントの分野には遅れを取っており、欧米はその分野の先進国と言えます。

    参考までに、主に髪に良い効果をもたらす栄養素を表にまとめてみました。 これを参考に皆さんが普段不足しがちと判断できる栄養素について改善を試みてください。 特に日本人にとって不足しやすく発毛に大きな効果が期待できる栄養素を
    赤太字にしています。 普段の食事で改善できそうになければ是非サプリメント服用を試してみてください。
    サプリメントも様々ですが、私はアメリカ産のサプリメントをお薦めします。日本産のサプリメントは品質も悪く値段が高い上、個単位に含まれる栄養素含有量が少ない傾向にありますが、アメリカ産サプリメントは人間の体内で栄養素が吸収しやすいような工夫など非常に高品質で種類も豊富です。高品質低価格なアメリカ産サプリメントは個人輸入代行業者を通せば手間を掛けず簡単に購入することが可能です。 例えば、有名どころで言うと Nature's Plus 社などがあります。 Nature's Plus はある種ブランド的な存在になっており、その品質には疑いがありません。
    http://www.naturesplus.com/

    成分 体への効果 育毛効果 一日の所要量 多く含まれる食品
    ビタミン ビタミンA 視力回復、
    皮膚・粘膜を健康に保つ◎
    全身の血をなめらかにする
    不足すると皮膚が乾燥しやすく、毛穴が角化しやすくなる◎ 600μg(2000IU)

    大量に取り過ぎると副作用有り
    許容上限摂取量 1500ug(5000IU)
    レバー、卵、ミルク、バター、チーズ、いわし、マグロ 緑黄色野菜(にんじん・ほうれんそう・かぼちゃ)
    ビタミンB(B1)
    →日本人が最も不足し易いビタミン
    神経の働きを正常化、
    精神安定、
    心臓機能や消化機能を活発にする
    筋肉疲労回復
    不足すると、胃腸障害から頭皮の局部脂漏の原因となる 1.1mg 米(玄米)、豚肉、豆類、うなぎ
    ビタミンB(B2) 貧血防止
    免疫機能正常化
    眼の健康
    解毒作用
    毛髪の健康を維持する
    不足すると毛髪の新陳代謝が悪くなる
    1.2mg チーズ、卵、牛乳、ベーコン うなぎ、レバー
    ビタミンB(B6) 皮膚、髪、
    歯の健康
    抗アレルギー作用
    免疫機能正常化
    過剰な皮脂分泌を抑える
    不足すると皮脂分泌が過剰になり、脂漏性脱毛症にかかりやすく、欠乏すると皮膚炎をおこす場合がある
    1.6mg

    許容上限摂取量 85mg
    米、麦の胚芽、穀類の種、肉類、魚類、キャベツ、バナナ、ピーナッツ、小麦、大豆
    ビタミンB(パントテン酸) ストレス緩和
    免疫機能正常化
    胃腸の働きを良くする
    ストレス解消
    不足すると髪の色が灰色になり、毛の艶がなくなり、毛乳頭の萎縮が起こる。
    5mg 豆類、肉類、チーズ、豆類
    ビタミンB(B12) 神経修復
    抗疲労
    皮膚、髪、爪の健康維持
    毛髪の健康を維持する 2.4mg レバー、納豆
    ビタミンC コラーゲン生成 → 血管、骨、皮膚、粘膜を強化 ◎
    免疫力向上 鉄、銅の吸収を助ける◎
    抗酸化作用
    メラニン色素の生成を抑える
    頭皮の血行促進
    過剰な皮脂分泌を抑える
    85mg シジミ、アサリ、レバー、
    ビタミンE
    →抗酸化作用の代表
    抗酸化作用 ◎
    毛細血管の血行を良くする◎
    内分泌機能促進
    冷え性改善
    頭皮の血行促進 ◎ 10mg α-TE

    大量に取り過ぎると副作用有り
    許容上限摂取量 600mg α-TE
    キャベツ、みかん、レモンなどの柑橘類、茶
    ビオチン アミノ酸代謝の促進
    コレステロール代謝
    亜鉛欠乏症予防
    皮膚の健康を保つ
    毛髪の育成を促す◎
    白髪、脱毛の予防
    30ug 玄米・胚芽米・ごま、大豆、ナッツ類、葉野菜、植物油、卵
    ミネラル 亜鉛 DNA、RNA、たんぱく質の合成
    ビタミンCと共にコラーゲン生成
    免疫機能
    頭皮の乾燥を守り、発毛を促す 11mg

    亜鉛を摂取すると銅が不足する
    卵黄、レバー、玉ねぎ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス
    貧血改善
    ビタミンCの利用を助ける
    関節炎緩和
    免疫力向上
    発毛を促す 白髪、ちぢれ毛の回避 1.8mg

    許容上限摂取量 9mg
    レバー、カキ、小麦麦芽、ごま、豆類

    発毛を促す 12mg レバー、カキ、ココア、海老
    セレン
    →日本人は主に魚介類や穀類から1日85ug前後のセレンを採っているため不足することは無い。
    ビタミンEの働きを助ける
    抗酸化作用
    血液凝固抑制
    不足すると脱毛症を起こす 60ug

    大量に取り過ぎると副作用有り
    蜂の子、切干大根、アサリの煮物、納豆、豆類、プルーン、海老、海草、牡蠣、魚介類、牛赤身肉
    アミノ酸 L-リジン たんぱく質合成
    集中力向上
    授精率を良くする
    体内脂肪燃焼
    カルシウムの吸収 骨組織の生成
    肉体疲労回復
    肝機能を高める作用
    育毛剤(ミノキシジル)の効果を著しく増加させる◎ 許容上限摂取量 300ug以下
    たんぱく質 コラーゲン 美肌効果
    眼、髪の老化防止
    髪の張りやツヤをよくする 500-1500mg(目安) 肉、牛乳、魚介類、レバー
    DHA コレステロールや脂肪を低下させる 過剰な皮脂分泌を抑える

    ニコチン酸アミド(ビタミンの複合体)
    血管の拡張作用があります。

    ハーブ ノコギリヤシエキス(ソーパルメット) テストステロン抑
    5αリダクターゼ抑制
    DHT抑制 →前立腺肥大症改善
    男性型脱毛症の遺伝要素を抑制する ・テストステロン抑制 ・5αリダクターゼ抑制 ・DHT抑制
    豆類、肉類、小麦粉など
    その他 リコピン 抗酸化作用(ビタミンEの85倍) → がんや動脈硬化の予防 過剰な皮脂分泌を抑える -
    大豆イソフラボン
    過剰な皮脂分泌を抑える 15mg程度 トマト、すいか
    | 生髪 | 発毛の王道 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ikigami.com/trackback/5

    bolg index このページの先頭へ