blog index

発毛・育毛を実現したい方をご支援するサイト ~生髪

はげ(禿げ)・薄毛に悩んでおり、お金をできるだけ掛けず本気で育毛・発毛を実現したい方のみ、本サイトへお立ち寄りください。
<< 僕らは何故ハゲるのか? 「ハミルトンの実験」から学ぶ | main | 栄養の許容上限摂取量 >>
5α-リダクターゼには2つのタイプがある?
0
    最近の研究によると、酵素5αリダクターゼにはタイプが2種類あることが分かってきました。

    儀5αリダクターゼ ・・・ 陰毛、腋毛、ひげ、頭髪など、発毛部分に満遍なく存在する。 頭皮の毛根では皮脂腺に存在する。
    況5αリダクターゼ ・・・ ひげと前頭部に集中して存在する。頭皮の毛根では毛乳頭に存在する。
    特に況5αリダクターゼは身体全体の5α-DHTの約70%を分泌しているそうです。 ところが、ひげと前頭部の毛乳頭に共通するのは、男性ホルモンに極めて過敏に反応するということだけで、一方はひげを伸ばし、他方は脱毛の指令を出してい るため、その応答はまるで正反対です。
    これは男性ホルモンのレセプターが5α-DHTを感知するところまでが共通であり、その先のメカニズムが違うためです。
    この況5αリダクターゼを抑制する商品はいろいろとありますが、本当に効果が出ているかどうかの物差しはひげの成長が早いか遅いかを指標にできます。
    5αリダクターゼ 抑制対策としては、どちらか片方というよりは両方を抑制するの効果的のようです。
    今日は「打倒!5αリダクターゼ!」 を合言葉に現在までに解明されている5αリダクターゼ抑制方法を書き記していこうと思います。
    前回のコラム「僕らは何故ハゲるのか? 「ハミルトンの実験」から学ぶ」では、脱毛に至るまでの流れを以下のように表しました。

    1.男性ホルモン(テストステロン)の過剰分泌
    2.頭皮の毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素5αリダクターゼの過剰分泌
    3.5α-リダクターゼの還元作用で、テストステロンが強力な男性ホルモン5αジヒドロテストステロン(5α-DHT)に変化
    4.毛母細胞が細胞分裂が休止

    要は今回のコラムでは、上記脱毛要因の中でも特に遺伝による影響が大きいと言われている 2 の"酵素5αリダクターゼの過剰分泌" をなんとかして食い止める方法は無いのか?をトピックにしたいと思います。
    早速ですが、皆さん、プロスカーという医薬品をご存知ですか? これは米国のFDA(=米国食品医薬品局)で認可されている前立腺肥大治療薬です。 日本ではまだ手に入れることができません(米国からの個人輸入という手段で手に入れることはできます)。

    ★前立腺肥大とは?★
    前立腺肥大症は男性の更年期障害として知られ、「尿の出が悪い」「キレが悪い」「夜、何回もトイレに行く」といった下半身の障害です。
    人 間は年齢と共に男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減っていきます。しかし、前立腺は生殖能力を維持するため積極的にテストステロンを取り込もうと し、前立腺を肥大させる結果となります。 もう少し詳しく説明すると、精巣から血液中に流れ込んだテストステロンが前立腺に取り込まれ前立腺細胞内で酵素5αリダクターゼと結びつき5α-DHT に変化し、これが溜め込まれることで前立腺が肥大します。 この結果、尿毒症や尿路結石、腎不全などの原因となります。

    プロスカーは前立腺肥大症の治療薬として、5αリダクターゼの働きを抑制し 5αDHT が前立腺内に蓄積することを抑制します。如何でしょうか? 脱毛の原因と似ていませんか?
    そうです。このプロスカーを頭髪用に開発したものが 話題の飲む毛生え薬 「プロペシア」 という医薬品(米国FDA認可)です。
    実際、5αリダクターゼを抑制している成分はプロペシアに含まれるフィナステライドです。 このフィナステライドはコラム「5αリダクターゼについて」で紹介した"況5αリダクターゼ" を抑制し ます。 非常に有効な薬であることは間違い無いのですが、抑制対象が 況5αリダクターゼのみであること、及び 多少の精力減退(実験では2%以下)という副作用があることが残念です。そこで、出来るだけ人体に副作用がなく、自然成分を主成分とした安心感のあるもの として注目されているのが「ノコギリヤシ」です。 ノコギリヤシは自然ハーブの一種ですから日本でも(あくまで)健康食品として販売されています。
    ノコギリヤシ(学名:Serenoa repens)は北アメリカ南部に広く生息しているヤシ科シェロ属の植物で、ソーパルメット(Saw palmetto)とも呼ばれています。古くからインディアンや移住者達が使用していたことから研究が進み、19世紀後半から20世紀にかけてヨーロッパでは前立腺肥大症の予防薬として使われていました。 また、ノコギリヤシの果実エキスはフランス・イタリア・ノルウェー・スウェーデンで医薬品として認可されています。特にフランスではノコギリヤシ製剤が医薬品売上げのトップ15位に入るほどの効能・人気を確立しているそうです。

    ★ノコギリヤシ(ソーパルメット)の力★
    ノコギリヤシ(ソーパルメット)の素晴らしい効能としては以下のようなものがあります。
    ● テストステロンの抑制
    ● 儀慎擇哭況 5αリダクターゼの抑制
    ● 5αリダクターゼの還元作用によってテストステロンが5α-DHTに変化することを抑制
    ● 5α-DHT による毛根細胞への働きかけを抑制

    ノコギリヤシ(ソーパルメット)はハゲの先天的要因を抑制するハーブとして非常に期待されています。
    ソーパルメットサプリメントはいろんな企業によって販売されていますが、ノコギリヤシそのものの原産地が米国だけに米国産サプリメントが品質、価格共にお買い得でしょう。
    日本産サプリメントはどうしても中間マージンが発生してしまいますしね。 私が調べた限りですが、参考までにオススメ商品をご紹介します。
    <オススメ商品>
    Nature's Bounty ソーパルメット(ノコギリヤシ)400mg :100カプセル
    Nature's Bounty ソー・パルメット(ノコギリヤシ)1000mg :30ソフトジェル・カプセル
    → 1カプセルにこれだけのソーパルメットを含有させた商品は他に見当たりませんでした。更に安価です。 通常は200mg弱程度で、2ヶ月分で7000円〜8000円します。
    Nature's Plus プロストアクチン 男性用 60錠
    → ノコギリヤシの含有量は並みですが、発毛に良いとされる栄養素が多数ブレンドされています。
    DHTブロッカー
    → DHTブロックを目的とした開発されたサプリメントです。ソーパルメットをはじめとして、発毛に有効な成分(こちらで解説)を見事にブレンドしています。 ----- 
    | 生髪 | 発毛研究コラム | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ikigami.com/trackback/16

    bolg index このページの先頭へ